2014年09月11日

サザエさん???

なんか最近、なにやっても裏目にでるなぁ、と。
楽しい気分になりたいところで。

この曲、1968年にリリースされてるみたいで、サザエさんの放送開始が1969年。
それにしても似てるなぁ。


posted by NERDY at 22:33 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jersey を使ってみる2

Jerseyでのパラメータの受け渡しを実験してみる。

1.こないだ作った、RestSample.java を次のように改造。
package com.example.rest;

import javax.ws.rs.Path;
import javax.ws.rs.GET;
import javax.ws.rs.PathParam;
import javax.ws.rs.QueryParam;
import javax.ws.rs.Produces;
import javax.ws.rs.core.MediaType;

@Path("iroiro")
public class RestSample {
  @GET
  // パスの一部を引数として受け取る例
  @Path("expath/{hoge}")
  public String sample1(@PathParam("hoge") String param) {
    return "こんなん出ました:" + param;
  }

  @GET
  // クエリストリングを受け取る例
  @Path("exquery")
  public String sample2(
    @QueryParam("hoge") String hoge,
    @QueryParam("huga") String huga) {

    return "ほな1個目:" + hoge + "、ほな2個目:" + huga;
  }

  @GET
  // Json で返す例
  @Path("exjson")
  @Produces(MediaType.APPLICATION_JSON)
  public TestJsonDto sample3() {
    TestJsonDto dto = new TestJsonDto();
    dto.name1 ="あああ";
    dto.name2 ="いいい";
    dto.name3 ="ううう";
    dto.name4 ="えええ";
    return dto;
  }
}


2.上の「Json で返す例」用に、TestJsonDto.java をこさえる。
package com.example.rest;

import javax.xml.bind.annotation.XmlRootElement;

@XmlRootElement
public class TestJsonDto {
  public String name1;
  public String name2;
  public String name3;
  public String name4;
}


3.pom.xml に次の行を追加。
  <dependency>
   <groupId>org.glassfish.jersey.media</groupId>
   <artifactId>jersey-media-moxy</artifactId>
   <version>2.6</version>
  </dependency>

4.「パスの一部を引数として受け取る例」の結果
expath.jpg

5.「クエリストリングを受け取る例」の結果
exquery.jpg

6.「Json で返す例」の結果
exjson.jpg

Json 使うときの pom.xml の指定方法がわかんなくて、かなり苦しかったどす。
posted by NERDY at 16:54 | Comment(0) | 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。